豆乳ダイエットで理想の体型があなたに

豆乳とは

豆乳(とうにゅう)は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめ、漉した飲料である。牛乳に似た食感がある。これににがりなどの凝固剤を加えて固めた物が豆腐である。大豆から豆乳を絞った残りかすはおからと言う。


そのままの豆乳は飲みづらいので、甘味料・香料・植物油などを加えて飲みやすくした「調製豆乳(ちょうせいとうにゅう)」も販売されている。区別するため普通のものは「無調整豆乳」と表記しているものもある。近年は大豆の青臭さを抑えられる製法が開発され、健康志向・自然志向も手伝って無調整豆乳の需要が増えている。


日本国内の代表的な製造販売メーカーは紀文フードケミファ・マルサンアイ・大塚製薬・ソヤファームなど。米国では Eden Foods など。


豆乳を煮たとき、表面にできる薄皮を引き上げたものをゆば(湯葉・湯波)といい、おもに吸い物の具として使われたり、刺身と同様にそのまま食べたりする。


中国語では豆漿(トウチアン dòujiāng)と表記し、台湾語は日本語と同じ豆乳(タウニー)と呼ぶ。 中国文化圏では暖めた豆乳に砂糖を加えた物に油条を浸して食べる習慣がある。豆乳に塩味の出汁を加え浅葱と油条を浮かべた鹹豆漿(シェントウチアン)は朝粥の感覚の「食べる豆乳」である。もともと豆漿は主に北方中国で飲まれていたが、1955年に台北県永和市で開店した豆漿店、「世界豆漿大王」(現、新世界豆漿大王)が人気を集めた事によって中国文化圏を代表する軽食として知られるようになった。


中国と台湾には大豆以外に緑豆、黒豆の豆乳もある。黒豆を用いた豆乳は日本でも製品化・販売されている。


アメリカではダイエット食品としてバニラ味やチョコレート味が人気があり、日本でもダイエット食品として人気がある。また近年は「豆乳鍋」など豆乳を使った料理の人気が高まっている。


牛乳の代わりに豆乳を使用したヨーグルト・チーズ・アイスクリームなどの加工食品も存在する。また、コーヒー、カフェ・オ・レ、カフェ・ラッテにおける牛乳の代わりに豆乳を用いたメニューも増えている(「ソイラテ」など)。


posted by お豆 at 15:48 | Comment(29) | 日記

豆乳クッキー(レシピ)

材料(25個分)

 卵 1個
 マーガリン 30g
 A<てんさい糖 30g・塩 小さじ1/4>
 B<薄力粉 100g・粉末豆乳 30g>
 ベーキングパウダー 小さじ2/3

1.ボールに卵を溶きほぐし、Aを加えてよくまぜ合わせる


2.泡たて器でやわらかくなるまで混ぜたマーガリンに1を加え、さらによく混ぜ合わせる


3.2にBをふるい入れ、切るようにしてさらにまぜ、冷蔵庫で30分冷やす


4.3を棒状に形作って1cm幅に切り、170度のオーブンで約30分焼く
posted by お豆 at 16:25 | Comment(0) | 日記

豆乳クッキー(効用1)

イソフラボンが食欲を抑える


 いっぽう、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることで知られる物質であり、ダイエットに関係しているのです。


 こんな実験結果があります。女性ホルモンの分泌は中年以降、減少します。人工的に更年期障害の状態にしたメスのラットは、急に食べる量がふえ、太り始めます。ところが女性ホルモンの働きをするイソフラボンをエサに加えたラットは食欲に変化がなく、肥満傾向もなかったのです。


つまり、イソフラボンが食欲を抑制するというわけです。このほか大豆にはサポニンという肥満防止に役立つ成分も含まれており、ダイエットには、ぜひおすすめしたい食品といえるのです。


 さて、クッキーといえば、材料に欠かせないのが牛乳です。この牛乳を豆乳に変えるだけで、ヘルシー度はグンとアップします。豆乳クッキーはもちろんですが、クッキーダイエットにも豆乳をぜひ、積極的に使うことをおすすめします。
posted by お豆 at 10:00 | Comment(0) | 日記

豆乳バナナ よりおいしく飲む豆知識

ダイエットとはいえ、せっかく作って飲むのなら、おいしく味わって楽しみながら飲みたいもの。これを知って工夫をすれば、もっと豆乳バナナがおいしくなる、そんな知識を紹介します。


豆乳の種類

豆乳の種類は大きく分けて、

1.大豆と水のみでできた無調整豆乳、
2.糖分や塩分を加えて飲みやすくした調整豆乳、
3.ゴマや抹茶などを加え、ジュース感覚で飲める豆乳飲料、
4.特定保健用食品表示商品など、

の4つです。豆乳バナナを作る場合は、大豆成分の濃度がより高いものが望ましいので、無調整豆乳か調整豆乳を使うようにしましょう。余裕があれば、大豆から豆乳を手作りしてみるのもおすすめです。

誰でも飲める豆乳バナナ

豆乳バナナはあくまでも食品です。子供からお年寄りまで、どなたでも飲むことができます。ただし、大豆アレルギーの人、腎臓病や糖尿病などで食事指導を受けている人は、まず医師に相談してから始めるようにしましょう。

作りたてが一番

バナナは皮をむくとすぐに酸化して茶色くなって、栄養成分や鮮度も低下してしまいます。面倒だからといって、一度に作りおきするのはおすすめできません。飲むたびに新しいものを作りましょう。すぐに飲めない場合でも、冷蔵庫に入れて2〜3時間のうちに飲むようにします。

豆乳バナナの変色防止

できた豆乳バナナが茶色くなるのが気になる――そんなときは、ミキサーを回す前にレモン汁を加えます。分量はおよそ小さじ1杯。酸化防止になり、変色を防ぐことができます。豆乳の臭みも消え、ビタミンCの補給にもなりますので、ぜひ試してみてください。
posted by お豆 at 09:03 | Comment(0) | 日記

豆乳バナナの飲み方とコツ

その1 基本は1日1〜2杯

 コップ1杯(1杯分のエネルギー量はおよそ150kcalを1日1回か2回、食事の前に飲んで、食事の量を減らすようにしてください。遠回りのように思うかもしれませんが、ダイエット中でも3食を規則正しく食べることが上手にやせるコツです。ふだん朝食を食べていない人は、朝食がわりに豆乳バナナを飲むといいでしょう。果物に含まれる果糖は、朝から昼にとれば、エネルギーとして消費されてしまうというメリットもあります。

その2 夕食前が効果的

 一番のおすすめは、夕食の前に1杯飲んで、夕ごはんの量を減らすパターンです(量の目安は、ごはんを半分にするか食べない。おかずは半分程度に)。豆乳バナナは満腹感があるので、どか食いを避けることができます。

食事をする30分から1時間前に飲んでおくといいでしょう。食事がわりに飲むと早くやせますが、その場合はほかの2食の栄養バランスが偏らないよう気をつけてください。「間食がどうしてもやめられない」という人は、おやつがわりに豆乳バナナを飲むのもいい方法です。

その3 +αでよりヘルシー

 豆乳バナナに限らず、長期的にダイエットを行っていると、カルシウムが不足しがちです。ふだんの食事では、カルシウム補給のために牛乳やひじきなどを多くとるようにしましょう。

また、ダイエットで食事の量が減ると、便秘が起こりやすくなります。食物繊維を多く含む野菜、海藻、キノコなどをたくさん食べるよう心がけてください。豆乳バナナにはさまざまな栄養成分が含まれていますが、ビタミンHは少なく、ビタミンK・Dだけは含まれていないので、納豆や貝類、シイタケなどをとるとバランスのとれた食事になります。

その4 ストレスをためない

 ダイエットの大敵はストレスです。食べたい欲求をがまんしつづけて暴飲暴食を起こしてしまっては、せっかくやせても元の木阿弥。豆乳バナナは満腹感のある飲み物なので、おなかがすいてがまんできないというときに最適です。

ストレスがたまると、食事の量を減らしていてもなかなかやせないということがよくあります。気分転換したり、「週に1度だけは和菓子を食べてもOK」など、気持ちに余裕を持って、ストレスをため込まない工夫をするようにしましょう。

posted by お豆 at 11:17 | Comment(0) | 日記

豆乳バナナの作り方

【材料】

豆乳 100ml
バナナ 1本

※バナナの大きさによって、でき上がりの濃度が異なります。好みによって豆乳の分量を加減しましょう。サラッとした味が好きな人は、豆乳を50〜100ml(1.5〜2倍)ふやすと、飲みやすくなります。

【作り方】
1.バナナを切る。バナナの皮をむき、長さ3cmくらいの大きさに切る。

2.ミキサーに入れる。豆乳と切ったバナナを入れる。

3.ミキサーを回す。ミキサーのスイッチを入れ、約30秒回す。でき上がりの目安は、バナナがドロドロにとけてふんわりしてくるまで。

4.でき上がり。ほどよい状態になったら、コップに移して完成。時間がたつと酸化して茶色くなってしまうので、作ったらすぐに飲むようにする。1日の分量はコップ1〜2杯。

posted by お豆 at 13:50 | Comment(0) | 日記

豆乳バナナ(2)

【豆乳バナナ】
「豆乳」+「バナナ」でダイエットパワーがアップ!
代謝を高めて、ぐんぐんやせ体質に。
さらに脂肪の燃焼を促して水太り、むくみも改善。
バランスのとれたダイエットができる。

『ポイントは「摂取カロリー」「空腹感」「栄養バランス」』
現代女性の永遠のテーマともいえるダイエットを成功させるには、3つのポイントがあります。


 まず、摂取カロリーを減らしすぎないこと。ダイエット中だからといって、摂取カロリーを極端に減らすと基礎代謝が落ちて、逆にやせにくい体になってしまいます。


 2つ目は空腹感を上手にまぎらすということ。せっかくの食事制限も、空腹感に負けてどか食いをしては意味がありません。リバウンドを起こし、さらに太ってしまうことも。満腹感のある食べ物を上手にとり入れることがたいせつです。


 そしてバランスを考えた食事をとること。ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素が不足してしまうと、代謝機能が低下し、エネルギーをスムーズに燃焼させることができなくなってしまいます。そればかりか、貧血や生理不順、肌荒れ、便秘など、さまざまな不調をきたすことにもなりかねません。やみくもに食事を減らすのではなく、栄養バランスのとれたカロリー制限を行いましょう。

『豆乳とバナナは驚異のダイエットパワー』
豆乳とバナナをミキサーにかけると、ふんわりとしたドリンクになります。これだけでもおなかがふくらんで、十分に満腹感を得ることができます。豆特有の臭みも、バナナと合わせることでほとんど消えてしまうので、豆乳嫌いでもおいしく飲めます。豆乳の原料は完全栄養食に近い大豆。


大豆に含まれる良質のタンパク質はダイエットに欠かせない成分といってもいいかもしれません。また、豆乳に多く含まれているイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり、ダイエット時に起こりがちな「骨が弱くなる」「ホルモンバランスが乱れる」ことも防いでくれます。


 そして豆乳に組み合わせるのは、食物繊維が多く、栄養豊富なバナナ。バナナに多く含まれるビタミンEは、大豆タンパクの分解、代謝を促進する働きがあります。つまり、豆の燃焼を促す大豆タンパクをより効果的に使うことができるのです。


 豆乳とバナナを組み合わせた「豆乳バナナ」には、互いに有効成分を高め合う、じつに相性のいい驚きのダイエットパワーが隠されているのです。

『理想の組み合わせで上手にダイエット』
先に挙げた、ダイエットの3つのポイントを守っていくのはなかなかむずかしいことでしょう。そこで「豆乳バナナ」の出番です。基礎代謝を高めながら適度なカロリーを摂取でき、満腹感も得られ、栄養バランス満点。そんな豆乳バナナを飲むことが、上手なダイエットの近道になるのではないでしょうか。
posted by お豆 at 14:47 | Comment(0) | 日記

豆乳バナナ

豆乳とバナナの抜群の相性が生む驚きの脂肪燃焼パワー。
飲んだ人だれもが目を見張るその代謝アップ効果。
「豆乳バナナ」はまさに理想のダイエット飲料です。

【バナナ】
『低カロリーで高い栄養価はダイエットにぴったり』

腹もちがよく、甘味があることで、つい高カロリーと思われがちなバナナ。その甘味のもとである糖分には、ブドウ糖、果糖、蔗糖など複数の糖質が含まれています。まず、ブドウ糖が体内に吸収されてエネルギーになり、果糖や蔗糖はゆっくりとエネルギーに変わります。


このように、バナナに含まれるさまざまな糖が体の中で次々とエネルギーに変わって長時間持続するので、腹もちがいいわけです。そして、じつはおよそ1本80kcalと意外にカロリーが低く、ごはんなら茶わん半分ほどに、ショートケーキなら1/3くらいに相当します。しかし、満腹感は数段バナナのほうがあります。

『栄養価は高くてもバナナのカロリーは低い』
バナナ1本分のエネルギーは86キロカロリー。ごはんは茶碗1杯120グラムで、202キロカロリー。ということは、ごはんでいうと茶碗半分相当。

同様にショートケーキなら3分の1。マーガリンを塗った食パンなら半分と同じ。

『栄養バランスのとれたダイエットで肌荒れ知らず』
 バナナはビタミンA・C、食物繊維も豊富。そのためダイエット中に栄養バランスの乱れから起こる肌荒れや便秘なども、バナナを食べることで自然に解消されていくでしょう。いくらやせても見るからに不健康では、ダイエットの効果も半減です。
 手軽に食べられて、さまざまな栄養素が豊富、生活習慣病も防ぐバナナは、まさにスーパーフルーツ。空腹感からくるストレスもなくなって、ダイエットに最適です。

『豊富なミネラルが生活習慣病予防にも』
バナナに含まれるミネラルにカリウムがあります。カリウムは、血圧を上げる原因であるナトリウムの排泄を促して、高血圧の改善に効果を発揮します。むくみの改善も助けるので、水太り体質で疲れやすい人には特におすすめ。カリウムは、ほかにも野菜や果物、海藻類に含まれていますが、バナナ1本で成人が1日に必要な量の1/5を補えるのです。
 また、血管を広げて血圧を安定させ、高血圧を予防する働きを持つマグネシウムも豊富。血圧を安定させ、神経の興奮もしずめるので、不整脈にも効果があります。
 満腹感に通じる食物繊維にも、血圧を下げたり、コレステロールを低下させる働きがあり、肥満と関係の深い生活習慣病の予防にとても役立ちます。
タグ:豆乳バナナ
posted by お豆 at 08:55 | Comment(0) | 日記

豆乳クッキー(効用2)

大豆タンパクで基礎代謝をあげろ!! 


豆乳クッキーがダイエットに役立つ理由は大きく分けると、大豆タンパクとイソフラボンの働きが考えられます。


 大豆は良質のタンパクを含んでおり、食べた脂肪を排出し、吸収を抑える働きがあります。また、基礎代謝を維持するのも大豆タンパクの働きです。


基礎代謝(きそたいしゃ)は、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動でエネルギーのことです。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に約1200キロカロリー(kcal)とされています。


食事制限をすると、エネルギーが不足します。すると、私たちの体は少ないエネルギーでも生きられる、いわば「節約体質」になってしまいます。


 さらにエネルギーが不足すると、今度は体内の筋肉のタンパク質を分解してエネルギーのもとであるグリコーゲンをつくろうとします。その結果、たしかに体重は減るのですが、同時にエネルギーを使う筋肉が減ってしまうので、今度は同じ量を食べても太りやすくなってしまうのです。


 基礎代謝の高いエネルギーを燃焼しやすい体にするためには大豆タンパクをしっかりとることが必要なのです。


posted by お豆 at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。